月別: 2019年8月

阿波踊りの有名連「のんき連」

徳島の阿波踊りのホームページを見ていると、有名連の紹介をしているページがありました。
阿波踊りには、「阿波おどり振興協会」と「阿波踊り協会」「阿波おどり保存協会」というのがあり、それぞれ所属している有名連があります。
阿波おどり振興協会に所属している「のんき連」は、大正14年に結成された今ある踊り連の中で最も歴史のある連で、連員は約100名。
踊り方は、三大主流のひとつ「のんき調」の発祥連で、連員はそのことに自信と誇りを持ちつつ新しいことへの挑戦もしています。
男踊り(女着流し踊りを含む)は、大地をしっかり踏みしめる足運びとシャープな手さばきで力強く踊り、女踊りはゆっくりしたテンポが主でのんき特有の「浮足」と、しなやかな指先で女性らしさを出しています。
小学1年生~6年生までの子どもたちを「わらべ踊り」と呼び、「のんき調」を習得した男の子はたくましく、女の子は可憐に踊っています。
鳴り物は、大太鼓、締め太鼓、鉦、笛、三味線で、各々の楽器が調和してぞめきのリズムを刻みます。
衣装は結成当時から襟と裾に市松模様、風雪にも負けないとされる柳をあしらっています。