日本で主流の鍼灸治療について

「鍼灸治療」というと中国などアジアの国からやってきた治療法だというイメージが大きいと思います。
確かに鍼灸治療は中国で体系づけられたもののようで、中国の鍼灸治療でも様々な流派があるそうです。
日本でも最近は鍼灸院はとても増えたといえるでしょう。
ただ、中国の鍼灸院は民間資格がほとんどのようで、中国の方がやっている治療院は少し事前にリサーチすることも大切です。
さて、日本での主流とっているて鍼灸治療にはどんなものがあるでしょうか?
日本独自の治療法には「経路治療」が有名で、手首の脈を見ながら内臓のチェックを行う治療法のようです。
脈の動きをみることで血の流れがわかるそうですが、やはりこの治療法も鍼灸師の熟練度にもよるところが大きいでしょう。
そして「トリガーポイント鍼療」も現代医学を根拠に構築されている治療法となっています。
その他、「電気鍼」も定番人気で、低周波の電流を流す治療法は主流となっているようです。
鍼灸治療にはさまざまなやり方があるようですので、どんな治療が自分に合っているのかをまずは見極めるところからスタートですね。