留学で得られるものと、そうでないもの

グローバル社会で生きるには、海外の事情を把握することも大切です。
そのためには、海外留学も選択肢の一つかもしれません。
自分の可能性を大きく広げるためにも、これからの生き方を考えてみましょう。
ただし、留学経験が必ずしもプラスになるとは限りません。
せっかく留学しても現地の言葉で積極的に会話をしないと、語学力アップは期待できないからです。
また、日本での就職を意識するなら、就活時期や卒業時期がずれるため、それが不利になるかもしれませんね。
特に、新卒での就職を目指す人は、そういったギャップを覚悟しておきましょう。
もちろん、中途採用という方法もあります。
自分が学んだことを活かせる仕事先を探すことで、留学の体験は無駄にはなりません。
ある友人は、カナダへ1年間留学後にホテルのフロントで働いています。
そこのホテルは、海外からのお客様も多いことから、留学で学んだ英語を最大限活用できているそうです。
別の友人は、2回の海外留学後、報道関係に勤務することができました。
なお、海外での生活は日本とは生活スタイルが異なってきます。
そのなかで生活することでタフさも身に付くため、参考にしてはいかがでしょうか。